ずるいと思ってた

むかーし昔、働いていた会社の事務所は男性ばかり。
タバコは吸い放題、でした。
何度も禁煙を訴えたけどダメでした。
そこの会社は小さくて、社長の奥さんという人が経理をしていました。
その経理の、、、オバサン(笑)が、私を目の敵にしてたのです。

幸い、社長はそこも分かっていたし、他の社員も優しくて私を守ってくれていました。
ただ、タバコは憤慨してまして。

しかも、机の上でぷかーん、、とタバコを吸っていると
「仕事のことを考えている」ふり、、、、になるらしく何も言われない。

タバコの煙で目も痛くなるので、目をこすったり「ふーー」って溜息なんかつこうもんなら、
「何サボってるの!」って、、、おばさんが、、、笑

そんな時代でした。

それをずるいとも思ってた。
男性がタバコを吸うのjはよくて、女性でタバコを吸わない人がすこし、
本当に一瞬溜息をついただけで「さぼってる」・・・不公平でしょ。

そんな時代もあったな、ってことですが、思い出すとやるせないのだ。

あんな時代に戻らない事を願う。
今、タバコが吸える会社なんてないでしょ、、おそらく。

このブログ記事について

このページは、ことのが2019年6月 1日 01:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ドリルの刃」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。