マラソン

私も最近マラソンを始めました。
ジムで、ですけどね。
外を走るのは好きじゃないのだ。

そこで「ランナーには低体温の人が多い」ってのを聞いてちょっとびっくり。
原因は、食べなかったり、エアコンの影響だったりするみたいです。

寒いときに体が震えたり、暑いときに汗をかいたりするのは、
視床下部からの指令によって、筋肉や血管、汗腺などが反応しておこる体温調節機能の症状なんですねー。

体温が37℃というと微熱と思われがちですが、
人間の細胞が代謝を活発に行い、なおかつ細胞が破壊されないちょうどいい温度は37℃と考えられています。

自分の平熱を知っていますか?
(知らない・・・)

さて、マラソンをしてると、手が冷えてきます。
これが低体温の症状なのだって聞いたけど、そうじゃない人はずっと暖かいのかな?
低体温だとマラソンは向いてない?
とはいえやめないけどね。

アルコールも控えめにしないといけないのかもです("!)。
いずれにしても、冷え性なので低体温とは違うけどなにかと気を付けなくては、と思いますよ。

だからマラソンで鍛えてるんだけどねー、なんだか矛盾だなー。

このブログ記事について

このページは、ことのが2017年7月 1日 05:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「サテ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。