2013年6月アーカイブ

転職急ぐ看護師

何としてでも少しでも早くほかの病院に転職をしたい私。

この病院で働いている限り私の精神的安定は見込めないだろうな...。

どうして働くのにこんなに苦痛を強いられないといけないんだろう。

看護師ってもっと仲間とわいわいしながら働けるものだとばかり思っていた私は

かなりショックです。

ショックだけならいいけどここまでこの仕事に失望してしまうとは...。

どこの病院でも大した変わりはないって思うかもしれないけど私はここしか経験がないからもう一度だけどこか違う場所で再挑戦してみたいんです。

その結果やっぱりどこも同じだってことであれば看護師としての仕事を考え直す時なのかもしれませんね。

出来るだけそういう結果にならないようにしたいって思っているんだけどね。

ブランクあっても看護師に復帰したい!

看護師という職業、やっぱり女性の型が多いものです。だからでしょうね...よく、ブランクを抱えてしまわれる方も多いという話は有名です。妊娠や出産だったり、結婚、育児、家族の介護などなど...基本的に家庭のことが理由となって、一旦現場を離れていく看護師の人って、少なくありません。

でも、一度現場から離れたとはいっても、看護師の免許が消えてなくなるわけではありません!...そう、看護師の免許というのは一生ものなんです!なので、しばらくしてから自分の家庭のことが落ち着いた時に、「よし、また看護師として復帰しよう!」ってことも十分できてしまうわけです!なので、家庭のことが落ち着いてからまた職場に戻りたいと考える人は多いんですよね。

しかし...ここで問題になってくるのが、それまで看護師として活躍する現場を離れていた年数...そう、ブランクです!復帰したいと考えても、このブランクがあるとどうしても不安になってしまうもの。その年数が長ければ長いほど、「ブランクがあるから復帰は難しいんじゃ...」と断念してしまう人も多いといいます。

たしかにブランクがあると厳しそうな気はしてしまうかもしれませんが...実際のところ、ブランクがあっても復帰できるか否かを左右するのって、本人の「看護師として復帰したい!」という気持ちがどれだけ強いかってことなのだそうです。その気持ちを強く持っていれば、きっとどれだけブランクがあっても頑張って復帰を実現できるはずですよ!

...そうそう、ちなみにですが。
ブランク復帰で失敗してしまう人がよくやりがちなのって、復帰下ばかりなのに急性期病院などに勤めてしまうことなんですって。これ、思った以上に負担が大きくなってしまうことになりかねないんです。で、結局大きな負担に耐え切れずに数ヶ月ももたなかった...なんてこと、よくある話だとか。

復帰を考えている人は、ブランクのことをよく考慮して、最初は負担がかかりにくい病院でのお仕事からはじめて見るようにしましょうね!

<PR>
復職して高須クリニックに就職!?
TVCMなどで有名な高須クリニックの求人情報のまとめ。

このアーカイブについて

このページには、2013年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年5月です。

次のアーカイブは2013年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。